• アトピーについて

  • アトピーは正式には“アトピー性皮膚炎”と呼ばれています。この病気はアレルギー反応と共に皮膚に何らかの炎症が顕われる皮膚の病で、 過敏症の中の1つに当てはまると言われています。ギリシャ語で場所が定まらないと言う意味で使われた‘アトポス’と言う単語をもじって名付けられました。

    アトピー性皮膚炎を引き起こす要因としては遺伝的な要素が強く、アトピー性皮膚炎を始めとしてアレルギー性鼻炎・結膜炎・気管支喘息を患ったことのある方が 親族に居る患者が多数だと言う調査結果が出ています。その他の要因としては日常で摂取する食物や、衣類の繊維と言った生活環境の細やかな面でも左右される事も少なからずあります。 よく見られる病状としては赤みがかった湿疹やしつこい痒みに襲われたり、皮膚が乾燥して粉をふいてしまうと言った症状が主なものとなります。 その他に見られる症状としては幼児から小学校低学年程の年頃になると耳切れが見られたり、思春期をすぎた頃になると広範囲に渡り皮膚が乾燥して 慢性湿疹の症状が見られるようになります。幼少期には湿り気があるものの、思春期を過ぎたあたりになると乾燥したものへとなっていくのがアトピー性皮膚炎の特徴だと言われています。 その影響からか、思春期より後は多量のフケが発生してしまうケースも見受けられます。 またいぼ状でしこりのようなものがある痒みを伴う湿疹は、普通の皮膚炎よりも治りにくくいぼが残ってしまう事もあります。

    【PR】いぼが残ってしまったら美容整形クリニックで切除手術が出来ます → 美容整形